Twitter

RSSフィード
Apple Watchを購入

Apple Watchを購入

Blog:ガジェット 2015年06月16日

少し前になりますが、Apple Watchを購入しました。

予約開始日の16時ジャストに予約したので、発売日に到着。予約したのは42mmSPORTSモデルのブルースポーツバンドです。ブラックスポーツバンドが欲しかったんですが、到着予定日が発売日じゃないとわかった時点で第二候補のブルーに即変更。

無事に発売日に到着した時は事務所にいたんですが、Apple Watchが自宅に届いた一方を受け、自宅に戻って装着して以来、基本的には毎日寝る時以外は装着しています。
発売当初は、「それApple Watchですよね?」と声を掛けられることも少なくなかったです。最近はだいぶ減りました。

発売前は「電池が持たない」「使えない」などの声がありましたが、届いてみたら普通に使えます。電池は普通に使っていれば一日余裕で持ちます。朝起きて装着して,夜寝る時に充電池に設置。使用と始めて2カ月弱、これで電池が持たなかった日はないです。

予想通り使えるのは、やはり通知系。基本的に移動時はズボンの後ろポケットにiPhoneを入れていますが、電話やメール、メッセージの着信を逃すことが少なくありませんでした。それがApple Watchを装着したことで、振動で腕に通知(呼出音は切っています)され、電話やメールの着信、LINEのメッセージ着信を逃すことがなくなりました(打ち合わせ中は出られないのですが)。

予想外に使えたのは、スタンドの通知。アクティビティのアプリでスタンドというのがあります。1時間ずっと座り続けていると、1分間以上立ち上がって運動するようにApple Watchに振動で通知が来ます。これがあることで、1時間ごとに気分転換ができて仕事にメリハリが出て集中力が高まったような気がします。私はこのタイミングで体幹トレーニングをするので、トレーニング時間の確保という点でも大きな効果がありました。

予想外に使えなかったのはMAPと乗換案内。もうちょっと使えるかと思ったのですが、GoogleMapが使えない時点で終了。Apple純正のMapは電車を使ったルート検索ができないという、大都市で暮らす人にとっては致命的な欠陥があります。まぁ、iPhoneで調べたのをWatchに転送しないとダメな時点でアレですよね。乗換案内も同様にApple Watchだけで完結できないのであまり使えません。
このあたりは、ネイティブアプリの制作がOKになったらかなり変わるんじゃないかな。楽しみです。

なにより未来を体感できるのがApple Watchの最も素晴らしいところ。仕事には何の役にも立たないようで、実はこの「体感する」ことがこの仕事で一番大切なことだと思っています。そういった視点から見れば、購入して使う価値が大いにあると思います。
ここから先、Apple Watchがどんな『未来』を見せてくれるかとても楽しみです。