Twitter

RSSフィード
[Travel]石垣島の旅(その1:レンタカー、辺銀食堂)

[Travel]石垣島の旅(その1:レンタカー、辺銀食堂)

Blog:取材・編集 2014年04月21日

先日、2泊3日で石垣島を訪問してきました。
もちろん航空会社はLCC・Peachです。
Peachのチケット購入には、
記事の通り、少々悩まされましたが……。

フライトスケジュールは下記の通り。

往路:関西08:45発→石垣11:10着
復路:石垣15:30発→関西15:55着

新石垣島空港に到着して、まずは空港でレンタカーの受け取り。
今回はフジレンタカーさんで、事前にネット予約していました。
空港の出口で送迎バスに乗り込み、空港のすぐそばの店舗へ。
新空港そばに移転したばかりでもあり、キレイな店舗でした。
本当は最安の軽自動車プランで十分だったのですが、すでに空きがなく、小型車のプランを予約していました。
結果、借りたのは黒のビッツ(禁煙車)です。2泊3日で8,700円。予約時点では最安でした。

とてもキレイで乗りやすい車でした。
実はスムーズに借りることができたら、11:50発の波照間島行きの船に乗ろうとも考えていましたが、レンタル完了時点で11:40。
このプランはあえなく没に……。
そこで、プランBとして考えていた「ランチを食べる」を実行するべく、島の中心部へ向けて車を走らせました。

たどり着いたのはここ、『辺銀食堂』です。あの映画『ペンギン夫婦の作りかた』のモデルのご夫婦が経営する食堂です。

写真 2

11:30オープンなのですが、11:40頃到着したら残席わずか、ギリギリセーフ。席について、ランチセット1,200円でジャージャンすばをセレクト。
(八重山地方では「そば」を「すば」と呼ばれているそうな)

syokudou2

肉味噌たっぷりのジャージャンすば、水餃子が3個、スープと小鉢が付いています。
まずは黒酢にたっぷりの石垣島ラー油を小皿に入れ、水餃子をいただきます。ツルッとした食感に黒酢、ラー油の風味が絶妙に絡み合ってうまい!
続いてすばへ。すばはしっかり混ぜていただきます。ちょっと甘めの肉味噌が太めでもっちりした麺に絡まってこちらもうまい!途中から少しラー油を入れると、さらに風味がアップして食べ飽きません。一気に完食しました。
そして、スタッフの肩にひと声掛けて石垣島ラー油を購入するための引換券をもらいました。

石垣島ラー油は食堂ではなく、近くにある別店舗『石垣ペンギン』で購入できますが、この引換券がないと購入できないようです。実は他の土産物店でも販売されているのですが、『石垣ペンギン』で購入できる定価よりも高い値段で販売されています。

絶品ランチを堪能後は、早速『石垣ペンギン』へ向かって無事に石垣島ラー油を購入し、次なるミッションに向けて車を走らせました。

(→その2へ続く)