9期目を迎えました

株式会社ショートカプチーノは7期目の決算を終え、6月1日から8期目に突入しました。

毎年書いていますが、「ライターの法人は珍しい」と言われます。
基本的にコピーライターという仕事を行う上で法人格を取得する必要はありません。人数が増えれば必要性が増すかもしれませんが、もちろん会社は私ひとりです。もちろん売上も利益も個人事業主のライターと変わりません。ですから、儲かりすぎて節税……なんてこともない。むしろ赤字でも法人税として7万円以上の税金は支払う必要があるのでマイナスです。それでも法人格を取得した理由は、ある人の『法人としての継続期間はプライスレス』を聞いて何となく……(笑)
結果、コピーライターの仕事で食べていきますよ、という決意表明のようなものになりました。

9期目は、改めてシンプルに「当たり前のことを当たり前にする」を意識して行動して行こうと考えています。経営的な目標はいつもの通りあまり考えず、目の前の仕事にしっかりと向き合って取り組むことが自身の成長につながり、結果的に経営的な目標で立てそうな内容もクリアできるだろうという、なんとも安易な考え方ではありますが……。

「想いが、みえる。」をかなえます。

のコンセプトをしっかりと具現化したアウトプットをし続けることをめざし、日々前向きに仕事に取り組みたいと思います。

なんだかんだ言っても、ショートカプチーノはクライアントさまからお声掛けいただけないと生きていけない会社です。クライアントさまに貢献することを最優先に取り組んでいきます。
9期目の1年間、株式会社ショートカプチーノをよろしくお願いいたします。