Twitter

RSSフィード
Ingressにリアル課金

Ingressにリアル課金

Blog:ガジェット 2014年08月04日

最近、Ingressにハマっています。
おかげさまで日中の徒歩移動距離がかなり伸びています。そして、Ingressをプレイしている人はご存じだと思いますが、Ingressをプレイするとスマートフォンのバッテリーの減りが異常に早い。

以前の記事の通り、Ingressのプレイそのものは無料なのですが、より楽しくプレイやバトルを楽しもうと思えば、さまざまな『リアル課金』が必要になります。私もご多分に漏れず、リアル課金開始です。

今回課金したのは、モバイルバッテリーとLightningケーブル。

まずLightningケーブルについては、もちろん最初に純正を考えました。ただ、価格が高い割りに根本付近で断線などを起こすことが多く、絶対的な信頼性があるわけではありません。ただ、100円とかの安い中国製の粗悪品を買うと、バージョンアップなどのタイミングで、突然使えなくなることも少なくないようです。そこで今回はMFI認証を受けているサードパーティ製を購入することにしました。
候補は以下の通り。特にApple認証を受けたamazonベーシックは最有力候補でした。

しかしながら購入したのはこちら。選んだ理由はやはり価格。1,000円ちょっとの価格は嬉しいです。また、しっかりMFI認証も取得されていますから、正規品と同じように扱うことができます。

そしてもうひとつはモバイルバッテリー。こちらは、かなり悩みました。今、Amazonで売れているモバイルバッテリーメーカーは主にふたつ。CheeroとANKERです。Cheeroは日本ではエネループの独壇場だったモバイルバッテリー市場に風穴を開けたパイオニアです。

ANKERは後発ですが、その価格と高いデザイン性で一気にメジャーに上り詰めました。

いろいろ悩んで、最終的にはCheeroのモバイルバッテリー(6000mAh)を選びました。1回分充電できれば十分ということと、移動中にポケットに入れて使う可能性が高いのでできるだけ小型が良いこと、という2点が理由。

これでプレイの幅もさらに広がりそうです。