Twitter

RSSフィード
[Travel]石垣島の旅(その5:西表島)

[Travel]石垣島の旅(その5:西表島)

Blog:取材・編集 2014年06月23日

石垣島の旅2日目は、西表島でのアクティビティ。
朝8時には船に乗り、西表島へ向かいます。この時間帯は各島でアクティビティを楽しむ人が移動する時間帯で、離島ターミナルはとても混雑していました。3日間パスを持っていてもチケット引き替えに時間が掛かるので、ちょっと早めに行っておいた方が気が楽ですね。

今回は『風車』さんというツアー会社で予約しました。色々なコースがあったのですが、一番人気というカヌーとトレッキングがセットになったアクティビティです。しかも滝を上から眺めて、その後滝つぼで泳ぐという、なんとも超非日常な時間が待っているそうです。

港に到着するとたくさんのツアーガイドが看板を持って立っています。無事に『風車』さんのガイドさんを見つけると、今回はツアーガイド1名、客4名の計5名でのツアーとのこと。車で事務所に運んでもらい、準備や申し込み、ツアー説明などを受けて出発!
現地に到着すると、まずは陸上でカヌーのパドルの漕ぎ方のレクチャーを受けました。ガイドさんは「転覆した人はほとんどいないので大丈夫」と言ってくれます。ならば陸上ではよく分からないので水面に出てから考えようと思いながら、やっぱりひっくり返るのはイヤなので真剣に聞きます。
そして水辺まで少し歩き、いよいよカヌーで漕ぎ出します。最初はバランスが取れずに左右に揺れますが、5分も経てば結構サマになる感じで漕げるもんです。

川に出ると、両サイドはマングローブの森。にもかかわらず開放感がすごい!
mang
聞こえるのはツアー仲間の声と動物の鳴き声だけ。でも、ツアー仲間は次第に誰もしゃべらなくなっていくから不思議です。
写真 1 (1)
自然の中に没入していく感じというか、目に見える山や川、森が自分のものになったような気がします。
写真 3 (1)
1時間ほどカヌーを楽しむと船着き場に到着。ここからは滝上に向かってトレッキングです。

こんな不思議な木もあります。
wood

40分ほど歩くとピナイサーラの滝の頂上に到着。ピナイサーラの滝は西表島で最も大きな滝。つまり高い場所にあります。そして滝の頂上は当然のごとく崖。だから絶景がすごい!(写真ではイマイチ伝わらない)
takiue

そしてここでランチ。ランチはツアーガイドさんが作ってくれる八重山そば。

あっさりしたダシが超絶ウマい。とにかくウマい。速攻で完食です。

そしてしばしの休憩の後、出発。約40分ほど歩き、さっきまで上から見ていた滝つぼへ向かいます。
滝つぼに付くと、ハイ飛び込む!しばしの水泳タイムです。4月上旬で水温は低めでしたが、外気温は25度を超えていて十分に楽しめました。

西表島産の黒紫米という餅米を使ったお餅のおやつ。
mochi
滝つぼで遊んだ後は、またトレッキング→カヌーで出発地まで戻ります。
写真 2 (1)
中でも帰りのカヌーはイイ時間になります。カヌー操作も慣れ、周囲を楽しみながらゆったりと進みます。ゆったりと1時間のカヌー旅を楽しみ、ツアーは終了。

車で港まで運んでもらい解散すると、夕方の船の時間は間もなく。石垣島に戻って夜ごはんです。
(→その6につづく)

おみやげにイリオモテヤマネコのステッカーを買ったんですが、このステッカーも欲しかった。