Twitter

RSSフィード

コミュニケーションって…

Blog:想い 2008年09月11日

先日、ライターとして参加させていただいた、とある仕事。
大元のクライアント様との間にはデザイナーがひとり。

「何とかこれで原稿を書いて欲しい」と渡された
クライアントの資料、その時点のラフ。
見てみると、とにかく書くための資料もネタもない。
あんなのは?こんなのは?と聞いてみても、
どうやっても、これ以上のネタはクライアントから出ないとのこと。

それでも書きますよ、
無いなら無いなりに書くのが一応プロなので…。

原稿を何とか仕上げて提出してしばらくすると、
クライアントも色々思いついたのでしょう、
いろいろと訂正された原稿がデザイナーから送られてきました。

で、メールには、クライアントが書いたであろう原稿と、
デザイナーの「これで大丈夫でしょうか?」
「どうも荒いのでリライトお願いします」というコメント。

…いや、大丈夫かわからねぇし、リライトできねぇって。

クライアントがどういう気持ちで、どういう理由で訂正したのか、
どういう部分が気に入らなくて、どうしたくて書き直したのか、
一切書いてない。ただクライアントが書いた原稿のみ。
そこに至った意図やプロセスが分からないと、
○か×かは判断できないよ…。

なぜ書き直したのか教えて欲しいとデザイナーに頼んだら、
今度は、クライアントのメールを丸々転送してきた。
いやいや、ディレクターなんだから、とやりとりしてると、

来ました、殺し文句が…。
「私ディレクターじゃなくて、デザイナーなんで…」

デザイナーか、なんちゃってデザイナーかは知らないが、
やってる仕事は、十分ディレクターの仕事なんですけど…。

今日は愚痴みたいな内容でスイマセン。

クリエイターってコミュニケーション力が必要だと思うんだが、
本当にコミュニケーション力のない人が増えたよなぁ。
10伝えたいなら、20伝えて初めて10伝わるかどうかなのに、
5伝えて、10伝えたつもりになってるクリエイターが多すぎ…。